コストを減らして高性能な自作PCを作るコツ|ハッカーデミア

スマホ中毒でも理解できる、コストを減らして高性能な自作PCを作るコツを紹介しているページです。

パソコン初心者におすすめ|ハッカーデミア

コストを減らして高性能な自作PCを作るコツ

コストを減らして高性能な自作PCを作るコツ
パソコンを安く入手するための方法として人気があるのは、自分でPCを手作りする方法です。自作PCを製作することの大きなメリットは、市販されているパソコンよりも安い価格で作れることです。自作PCを作れば、高性能のパソコンも多額のコストをかけずに製作することが可能なので、あまりお金をかけずにPCを入手したい人にもおすすめです。自作PCのコストを削減するためにはコツが必要になります。ここでは、コストを減らして高性能な自作PCを作るコツを紹介しています。

コストを減らして高性能な自作PCを作るコツ

コストを減らして高性能な自作PCを作るコツ

予算内で高性能な自作PCを手に入れるためのコツを紹介しています。

低コストと高性能を両立するために無駄を徹底的に省く

低コストと高性能を両立するために無駄を徹底的に省く
自作PCで低コストと高性能を両立するためには、無駄を徹底的に省くのがコツです。CPUやメモリ、グラフィックカードの高性能は妥協できませんが、ここから削減できるところを探ります。マザーボードで見ていくとオーバークロックをしないのであれば、倍率変更が可能なCPUとマザーボードは必要なく、ここで1ランク下のモデルを選ぶことで低価格が望めます。グラフィックカードを2枚搭載するSLIやCross Fireを使用しないなら、こちらも削減できます。S-ATAインターフェイスは使用したいドライブの台数が少ないならば、それに見合った数の機種で十分です。ここまでパーツを限定することができれば、今度は電源ユニットの容量も減らすことができます。自作PCでコストを減らしたいなら、必要十分なパーツを選ぶのがおすすめです

最初に予算を立て、どのようなパーツを選択するのか決める

最初に予算を立て、どのようなパーツを選択するのか決める
ゲーミングPCは、3次元アニメーションを使ったゲームを楽しむなど高性能なPCの総称です。このようなPCを購入するとなると一般的な製品と比べて高額なものが主流になって来るので、費用を抑える方法として自作PCを検討される人も多いのではないでしょうか。ただし、自作PCは費用を抑えることはできるけれども、逆に抑え過ぎてしまうと理想通りのスペックを持つ自作PCにならないなどのケースもゼロではありません。基本的に自作PCを検討するときには、最初に予算を立てた上で、どのようなパーツを選択するのか決めるのがコツです。なお、予算別に用意する必要がある部品紹介や組み立て方など分かりやすく掲載している情報サイトもあるので、初心者などの場合もこのような情報サイトを活用することをおすすめします

使用目的を最小限に抑えて自作で必要なパーツを減らす

使用目的を最小限に抑えて自作で必要なパーツを減らす
自作PCのメリットは、自身の用途に合ったPCを作れることです。コストを抑えるコツは、使用目的を最小限に抑えて必要なパーツを減らすことです。パソコンの頭脳とも言えるCPUは、性能が良いものほど処理能力が高くコストもかかります。しかし製品によって特徴が異なり、少ない作業のときに高性能を発揮するCPUもあります。PCケースなら、最も一般的なミドルタワーが初心者にもおすすめです。パーツの交換作業がしやすく十分な拡張性も備えているため、最初はスペックを抑えてPCを作成し、徐々に必要な機能を付け加えて行くことが可能です。種類も豊富に揃っています。スペックと予算のバランスを見ながら、自身のPCに適したパーツを揃えましょう。

リーズナブルな価格でパーツを販売しているサービスを利用する

リーズナブルな価格でパーツを販売しているサービスを利用する
自作PCをつくるときにはコストが高くなりがちです。より良いものにしたいという気持ちからコストが高くなりやすいですが、少し工夫を取り入れるだけでも低コストで高性能が自作PCがつくれるようになります。コツとしては、リーズナブルな価格でパーツを販売しているサービスを利用することです実店舗では、割引などが適用されないことが多いため、通販サイトなどでセールを活用するなどの方法がおすすめだと言えます。スペックを見直すことも大切です。実は、必要以上にハイスペックな仕様での作成を検討してしまう人が多いため、使用目的に応じたスペックが十分にあると考えられる場合は、パーツのクラスを下げることなどを検討してみると良いでしょう。

ハイエンド寄りのCPUと水冷タイプのCPUクーラーを選ぶ

ハイエンド寄りのCPUと水冷タイプのCPUクーラーを選ぶ
高性能なPCを購入したいけれど、メーカー製は価格も高く手が出ないと諦めてしまう方は少なくありません。そこで便利なのが自作PCですが、ゲームを快適に操作したい場合や、クリエイティブな仕事をストレスフリーで利用したいという場合は、CPUは「Corei710700K・Ryzen73700X」といったハイエンド寄りな性能をもったものを選ぶことがおすすめです。「Corei7・Ryzen7」はゲーム性能が高いことはもちろんですし、動画編集やライブ配信といった処理もスムーズにこなすことができます。またCPUクーラーには大きく分けて空冷と水冷があり、排熱性能が高いものなら水冷タイプがおすすめです。搭載するCPUがCorei7の場合、空冷タイプでも十分に冷やせる製品もあるので便利ですが、Corei9の場合は、発熱量が多くなるため、簡易水冷クーラーではないと十分に冷やすことができないので選ぶコツとなります。

高性能なCPUとメモリを搭載できるマザーボードを選ぶ

高性能なCPUとメモリを搭載できるマザーボードを選ぶ
費用を極力減らして高性能にするためには、マザーボード選びがコツです。使用するマザーボードで性能が決定しますので、おすすめは高性能に耐えられるマザーボードを選ぶことです。様々なパーツが必要ですが、マザーボードによって搭載できるCPUが変わりますし、メモリの数も決まります。高性能な、これらを搭載できるかどうかを確認して選んでみてください。もちろん、PCケースに収納できる大きさでないといけないので、置く場所のことも考えた方が良いです。低価格帯のパーツで高性能なものはありますが、マザーボードが鍵を握ります。

PCを使う目的は何か、どれだけ予算を組めるか

PCを使う目的は何か、どれだけ予算を組めるか
できるだけ無駄なコストをかけずに高性能な自作PCを作りたいなら、まずそのPCを使う目的は何か、またどれだけ予算を組めるかを明確にするのがおすすめです。どんな目的でPCを使うかによっても、必要なパーツは変わってきます。そもそも必要のないパーツが出てくる場合もあります。そのようなパーツの購入は、まさにお金の無駄です。まずは目的と予算を決めましょう。また、もう一つ抑えるべきコツとして、希望するスペックの中で譲れない、こだわりたい項目を明確にするのも効果的です。特にコストを抑えたい場合、希望をすべて詰め込むと、どうしても値段が高くなりがちです。妥協したくない部分の予算を先に確保したうえでほかのパーツを選ぶと、用途に合った高性能な自作PCが安く作りやすくなります。

グレードダウンできないかパーツのクラスを見直してみる

グレードダウンできないかパーツのクラスを見直してみる
コストを減らして高性能の自作PCを作ることはできます。なるべく費用を抑えたいときには、パーツのクラスを見直してみましょう。素敵な自作PCを作るために、必要以上にハイクラスのパーツを選んでしまう人は多いです。見直すことでグレードダウンできるものが見つかるはずなので、購入するパーツを変更すれば費用を削減できます。部品を安く仕入れるというコツもあるでしょう。パーツを購入できる場所は数多くありますが、サービスごとにお得さは違っています。最初に見かけた場所で買うことを決めるのではなく、実店舗やオンラインショップなどを幅広く調査し、最も安くパーツが手に入るショップを利用することが費用をカットするためにおすすめの方法です

ページのトップへ戻る